作者:上村崇 フリーランスのIT系エンジニア
twitter:@uemera facebook:uemura

OSC神戸2011ライトニングトークプレゼン資料「KVM仮想マシンでデスクトップを持ち歩こう」


昨日のライトニングトークで発表したスライドです。
 
 

 
 
 
 
KVM構築の過程は、前にも書きましたが以下に詳しく書きました。
KVMでWindowsとLinuxの仮想化はじめます
KVM仮想環境の構築 その1
KVM仮想環境の構築 その2
KVM仮想環境の構築 その3
 
 
ライトニングトークは初チャレンジでしたが、言いたいことはだいたい言えたかなと思います。制限時間内にもなんとか終わりました。
ライトニングトーク参加者は全部で9人いましたが、どなたもかなり面白い発表でした。
他の方の発表を見ていて思ったのですが、ライトニングトークの極意は
・いきおいで突っ走る。
・滑舌を良くして分かりやすく伝えるということよりも、早口で「なんか急いでいる」という雰囲気を作る。
という、普通のプレゼンとは違うノリが必要ですね。
あと「笑いをとるポイント」をみなさん心得ていて、盛り上げ方を知っていると思いました。
自分は初めてのライトニングトークでしたが、こういうポイントをあまり押さえておらず聴衆と一体になる雰囲気作りが弱かったなと思います。
いろいろ反省点はありますが勉強になりました。

2 Replies to “OSC神戸2011ライトニングトークプレゼン資料「KVM仮想マシンでデスクトップを持ち歩こう」”

  1. 昨日はどうもありがとうございました!
    こちらこそ気を使わせてしまってすみません。楽しい時間でしたよ!
    sahanaのMLに登録しました。どんな活動をされているのか見させていただきますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です