作者:上村崇 フリーランスのIT系エンジニア
twitter:@uemera facebook:uemura

アンカンファレンスで発表したWordPressの資料


本日、神戸のハーバーランドで開催されたアンカンファレンスに参加してきました。
 
第2回関西アンカンファレンスを2011/01/08に開催します
 
このイベントはいわゆるITのセミナーなんですが、事前にセミナー発表者を決めるやり方ではなく、当日発表したい人が名乗りでて発表するという形なので、当日までどんな内容のセミナーがあるか分かりません。
15分が1単位でいくつもの発表枠を設けており、発表希望者が多ければ枠が全て埋まりますが、そうでなければ誰も発表者がいない空白の枠も出てしまいます。
もし空き枠があれば自分も発表してみようかなと思い、一応資料は用意しておりましたが、実際に会場に行ってみて発表枠が比較的空いていたので、エントリーさせてもらうことにしました。
 
その発表資料を見れるようにしておきました。
去年の今頃に別の場所で発表したWordPressのセミナーをほとんどそのまま再利用した資料なので恐縮ですが、こちらとしては1から準備に時間をかけなくて良いというメリットはありました。
お恥ずかしいですが公開しておきます。

 
プレゼンの中の、「ブログツール比較」と「CMDツール比較」は反響があったので別途GoogleトレンドのURLをリンクしておきます。
ブログツール比較
http://www.google.com/trends?q=wordpress+,+nucleus+,+movable+type
CMS比較
http://www.google.com/trends?q=wordpress+,+xoops+,+drupal,+joomla
 
 
発表は去年やったときと同じように発表したつもりですが、いくつか反省点がありました。
 
・去年発表したときの列席者は、ネットショップオーナーとかデザイナーさん等プログラミングの
 知識が無い方が多かったので、PHPの記法なども詳しく説明しましたが、
 今回はIT関連の参加者が多かったので、言語の基礎知識について冗長に説明する必要はなかったかも知れません。
・前回では30分くらいかけたボリュームの内容を15分の枠で急いでやったので、
 説明がとばされたり分かりにくかったところがあったかも。
・前回は時間配分なども計算してワリと予定通りに進められましたけど、今回は資料をちょこっと手直しして
 望んだだけだったので時間配分とかあまり計算出来ていませんでした。結果、速くスライドを回しすぎて時間が余りました。
・MacBookでのプレゼンは初めてで、MiniDVI⇔DVI変換コネクタは持って行ってたけど、
 会場はDVIの接続設備が整ってなくてVGA接続しかできませんでした。
 借り物のコネクタで事無きを得たけど、こういうときのために自分もGVAコネクタは
 持っておくべきと思いました。
・プレゼンはリモコンで行いたかったですが、そこまで準備する余裕がなくパソコンのキーボードを
 叩きながらやったので姿勢が中途半端になりました。全身を使ってプレゼンができませんでした。
・短時間枠(10分)の時間割なのに、そこで無理くり2枠使わせてもらったのもちょっと顰蹙だったかも…
 午前中の時点では枠は全然空いてたのでぜいたくに使ってもいいかなと思いましたが、
 今考えるとそのあとの通常枠(15分)でやらせてもらった方が良かったかも。
・あまりプレゼン練習していないと参加者の表情やあいづちなどを確認する余裕がなく、
 ほんとうにこのペースで進めてよいのか不安になりました。やっぱり心の余裕は必要ですね。
 かといって準備しまくっても、「混んでて発表できないかも知れない」リスクもあるのでそのへん難しいところですが。
 
「もうちょっとこうした方が良かったかも」ていうのがあればぜひ教えてもらえれば幸いです。
今後の反省材料にします。
 
ともあれ、会場を提供してくださった兵庫県立大学と主催者の@shin1x1さん、@msngさん、スタッフの皆さんどうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です