作者:上村崇 フリーランスのIT系エンジニア
twitter:@uemera facebook:uemura

auはどこへ行こうとしているのか2


先日書いたauはどこへ行こうとしているのかで、auが低迷していると感じているのは僕だけじゃなかったことから、なぜ低迷しているのかについてもっと調べてみたくなりました。

 

ネットでいろいろ検索した結果、以下のような理由が考えられます。

 

 

1.2006年10月からスタートしたナンバーポータビリティ(MNP)でauがひとり勝ちして、その人気に安住してしまった

   MNPをピークにauが下降線をたどりだしたようです。

 

   携帯電話/PHS/無線呼出し 単月純増数 月次推移 (積み上げグラフ)

   image

 

 

2.KCP+の失敗

   KCP+とはKDDIが開発した携帯用のプラットフォームであり、OSみたいなもんです。

   東芝と三洋が共同で開発し2008年頃から出てきましたが、これがすこぶる評判が悪く、動作がもっさりする、バグが多い

   など多くの欠陥がありました。

   KCP+を開発する期間が短かったため、当初予定していたリリースに間に合わず、リリースしても不完全な部分が多く

   利用者の信用を大きく落とす結果となりました。

 

   みんなにKCP+って知って欲しい【狐狩ブログ】
   http://z.livedoor.biz/archives/50932290.html

   KCP+をリリースした時期のごたごたなど

 

 

3.販売奨励金廃止で、割高感が出た

   2007年6月に総務省が販売奨励金制度を廃止する方針を打ち出してから、docomoやSoftbankは

   比較的スムーズに新料金プランに移行でき顧客離れを防ぎましたが、auは当初販売奨励金モデルに抵抗し、

   新料金プランに移行するのが遅れました。

   さらに、新料金プランにすると実質値上げとなり、利用者離れを引き起こしました。

 

   auが落ちたわけ – Fast&Firstのblog風
   
http://www.fnf.jp/blog/2009/07/fnfblog1781.html

 

 

 

4. KDDI小野寺社長が世間ずれしている

    なんとなく世間ずれしているような発言が…

 

    販売奨励金モデルが日本の部材の国際競争力を高める~KDDI 社長会見 – japan.internet.com 携帯・ワイヤレス
    http://japan.internet.com/allnet/20070315/1.html

   

    販売奨励金がなくなるとお客様満足度は下がる – KDDI小野寺社長 | 携帯 | マイコミジャーナル
    http://journal.mycom.co.jp/news/2007/09/19/035/index.html

 

    KDDI小野寺社長、「端末の国際競争力低下はキャリアの責任」論を否定:ニュース – CNET Japan
    http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000056021,20345261,00.htm

 

 

 

5. スマートフォン展開に乗り遅れた

    これは前回のブログで書いたとおり、通信方式がdocomoやSoftbankと違うので不利な点と、攻めの姿勢が

    足りないためだと思います。

 

     KDDIの携帯電話ブランド「au」ピンチです。:IT mobile ケータイの最新情報ブログ
    http://itmediamobile.ti-da.net/e2303628.html

    スマートフォン市場の苦戦など、auの問題点を的確に指摘しています。

2 Replies to “auはどこへ行こうとしているのか2”

  1. auユーザじゃないですが、スマートフォンに遅れたのは大きいですね。
    ソフトバンクの孫さんは日本よりも海外向きですね。日本ではこれ以上の成長はのぞめないでしょう。
    でもアジアに売ってでてたら、案外成功するかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です